ラグナロクオンラインLISAサーバーで活動している(?)冷花のプレイ日記。


by reiko100200

4/2Gv感想

>ファイルの続きから。ER内の様子です
砦L3 防:下僕の癖にYO!
f0002212_18344555.jpg


続きとはいえ、ファイルの時よりも状況は大分違います。
この画像はファイルのときよりも若干時間であとの画像で、まあ様が手前の第三MAPで排除を敢行しています。
何とかやっとの思いでまあ様の排除を潜り抜け、下僕さんの戦力や戦い方を観察するためにERへ進行。
結果は上記の画像を見ての通りです。復帰中の方やエンペ周りにも何名かいると予想すると、下僕さんの規模は30↑の規模であると思います。(画像に写っているだけで26名確認できますか)
wikiの約20名というのは、正確さを欠いているかもしれません。

>ファイルの続きその2
f0002212_18483524.jpg


4度目の突撃にて、辛くもブレイクに成功です。
夜イルカ単独でブレイクしたわけではなく、ファイルにもあるとおり3度目辺りの突撃からいくつかの勢力と共闘する形でのブレイクです。
画像では脱衣を受けていますが、これは割れた後の出来事でした。攻めが大変な思いをしたGvですが、防衛側もやはり、メリットだけを享受できていたわけではないようです。


・・・


4/2Gvを振り返ると、印象に残ったのはこの二つの勢力でした。
前者の下僕さんはL3でERではなく、第三MAPでも防衛を敢行してきた辺り、目新しさを感じます。有効であったかそうでないのか、下僕さんに所属されてる方々がどう評価するのか今後の楽しみの一つです。

まあ様の封鎖を掻い潜って覗き見た下僕さんのライン防衛は、私の目から見て強力なものに写りました。
ロキこそありませんでしたが・・・・・というより、それこそがライン防衛をする際にアキレス腱ともなるのでしょうが、イナバ防衛よりもライン防衛の方が強力なように感じます。
こういうと失礼かもしれませんが、イナバに移行してからがブレイクのチャンスだと、私は認識していますし。

もっとも、下僕さんは防衛箇所を素早く変更出来る高い機動力と、おそらく錬度、指揮系統も優秀であると、というよりも錬度、指揮力どちらも高くなければ防衛箇所を防衛中に変更するなど、出来るものではありません。だからこそラインを崩されてからエンペ周辺に移行するというイナバ防衛という展開も得意の、いえ、逆でしょうか。イナバ防衛を完成するために錬度、指揮力は上がったと予想します。

・・・・・と、少し取り留めがなくなってきました。
往々にして、イナバ防衛を展開されるケースは比較的圧されている状況下である事が多いように思えますし、イナバ防衛よりもライン防衛の方が強力だと言って、実際にその通りだったとしても私の指摘はそもそも的外れなものかもしれません。


後者のSoSさんですが、ライン上の阿修羅の方の動きは、あの重さの中でとても良い動きをしていたと思います。魔法の密度も中々厚く、サーバーの重さも相まって大分層の厚いライン防衛でした。
・・・・・ですが、いかんせん、大魔法ラインを抜けるとL1は構造上右と左、敵勢力が二つに分散してしまう防衛砦として致命的な欠点が存在します。
更にその上、L1はクローキングを駆使して隠れ続けることに、そしてそのままエンペ付近まで近づけられるという欠点も持ちます。
この2つの欠点をカバーしきるには、全てをライン上で蒸発させる防衛戦力を有するか、総員のルアフ、サイトの徹底。あるいはイナバ防衛を敢行する等の対策をするしかないと思いますが、SoSに所属されてる前衛の方々はヒットストップ中にクロークで隠れられるとそのまま放置してしまったりするので、その間、内部でどういったやり取りがあるのかは存じませんが、L1で防衛を敢行される場合、何かしらのクローク対策は講じた方が良いように思います。
・・・・・せっかくあれだけ厚い防衛を展開されてるのに、敵側ながらもったいなく思います。まぁ、私のような者が知った口で一々指摘しなくても、十分分かっていると思いますけど。


BGM
Hyde「SEASON'S CALL」
[PR]
by reiko100200 | 2006-04-04 19:33 | ラグナロクオンライン