ラグナロクオンラインLISAサーバーで活動している(?)冷花のプレイ日記。


by reiko100200

12/25Gvレポート

私は考える事があまりに多いと、どこから手を付けていいものやら悩んでしまい、結局、何も考えられなくなる・・・・・なんて事に陥ったりします。

今回の12/25Gvはまさにそれにあたるでしょう。夜イルカのGvの内容にせよ、レース全般の内容にせよ、考えさせられる事があまりに多く、全てを整理し、納得の行く答えを導きだそうとするならば、その労力と費やす時間は計り知れないと、考察の前にそんな事を考えてしまいます。(小悪魔と、レーサー's解散後の新しいレースの時代の幕開けとしては、とても混沌とした、新しい時代が来たことを告げるGvそのものだったのではないでしょうか。)


・・・


・・・・・とまぁ、難しい、難しい言っているだけでは、前に進めるはずも無く、ただ考える事を放棄しているに過ぎません。(それでも今回のGvはとても一朝一夕でまとめきれるものではないですが)
とにかく12/25Gvを解体し、分析し、まとめ上げる。・・・どの程度の範囲まで明かりを照らせるかは分かりませんが、とにかく出来るだけはやってみましょう。

今回のレポートは夜イルカについてはマスターのブログの方にお任せして、(余力があればPart3として書きましょう)Part1では12/25Gvレース全般の考察を。Part2では12/25Gvに少なからず影響を及ぼしたいくつかのギルドについて考察します。・・・それではまず、Part1から、どうぞ。



Part1.12/25Gvレースの考察
最初にここから先のレポートを読もう、と思ってる方はLISAWIKIにアップされた12/25Gvと12/18Gvの得点表を並べながら見る事を勧めます。そうすると12/25Gvは大きな視野から見て、その異常さが良く分かるのです。

まず誰もが最初に目の行くところはDFさんの落城回数46回でしょうが、今回のGvを考察するにあたって一番最初に注目すべき点は25Gvにおける総落城数が、18Gvの落城数に比べて3割程度増した538回にも達したことです。

そして次に、V、L、C、Bの、各4地域ごとに分けてそれぞれの地域で何回の落城を記録しているかみてみましょう。形式としてはV-X/Yとして、最初のVはもちろんValkyrie Realms
のこと。Xは25Gvにおけるその地域の総落城数、Yは18Gvのその地域の総落城数です。

V-213/94(+119)
L-89/67(+22)
C-66/83(-17)
B-170/164(+6)

さて、こうして簡単に表にしてみると、今回の落城数の異常さの正体、その片鱗が見えてきますね。ですが、いきなりそこから考察するのではなく、回り道ですが分かりやすい地域から少しずつ考察していきましょう。

まずはこの4地域の中で一番分かりやすいCの考察から入りますと、案の定というか予想通り小悪魔さん解散の結果、C4の落城数が落ちたのがそのまま響いていますね。
ログで確認しますと、C4はギルド「真・紫電一閃」さんが(以降、紫電さん)終始攻め続け、対抗は時間帯によってその都度、国士無双さんであったり、Seedさんであったり、下僕さんであったりと、変わっていました。
結果としてCは、C4が18Gvで49回記録していたのに対して、25Gvで23回と、レースは出来る砦ですが、会場とはいえないレベルになってしまったのが落城数低下の原因でしょう。

次にBですが、Bは170/164と、この程度は回数の上では誤差範囲でしょうが、その内訳は大きく違ったものとなっています。
まず、B3+B4の落城数が55/78と、B3-4ラインは12/25は成立しておらず、B5が115/84と31回も増えています。
これも先週の私のブログ内で申した予想通りですが、まさか31回も増えるとは思っていませんでした。猪鹿蝶さんだけの力ではありませんが、猪鹿蝶さんがB5に与えた影響はとても大きいです。

Bは3-4ラインが成立せずとも、B4単体は実質落ちた落城数以上のレース会場ですし(大手の確保対象となるのでレースできる時間が他砦に比べて少ない為)B5は予想以上の落城数を記録し、結果としてBも納得の行く範囲の出来事です。

さて、次に今回の538回落城の原因となったVについてです。
(順序的にはLの紹介なのでしょうが、Lははっきり申し上げて、わたしの頭と、手元の資料だけで一朝一夕で考察をまとめるのは不可能です。先週比+22は本来、無視出来る数字ではありませんが、これをあえて無視します。
・・・・・適当で申し訳ありませんが、私の予想ではVで出す答えがLに波及したために先週比+22となったのだと予想します。)

Vの落城を先ほどの表みたいにV1-X/Yでまとめるとこうなります。

V1-40/2
V2-54/59
V3-29/0
V4-29/2
V5-61/31

V2に関しては考察する必要はなさそうです。先週も今週も安定してレース会場として成立しているようですね。

V1は夜イルカで何度か行っているので状況は比較的分かります。紅猫同盟さん、LEGEND of MANAさん等をメインに、他に下僕さん、Team Ayuさん、じえんどおぶむ~んさん、∬蒼天の翼∬さん、暁-akatuki-さん、DFさん、~天を翔る翼~さん、愛犬 るぅ ・ω・さん、-Colorful-さん、Seedさん、ClaimhSolaisさん、Un'ala della Lunaさん

・・・合計、夜イルカ含めて15ギルドにもなる勢力がV1を落としています。
紅猫同盟さんが防衛を敷こうと善戦しておりましたが、如何せん、こうまでレーサー含む、勢力が集まると、さすがに守りきるのは困難なようです。紅猫さんにレーサーの1~20は追い返す防衛力があったなら、V1の40回はなかったと思います。

V4の29回もV1と同じようなもので、ValhallaさんがV1の紅猫同盟さんの役所で、防衛を敷こうとしておりましたが、追い返す事が出来ずにレース化となりました。

V5はログを見る限り、20:38:35と21:27:23にギルド「Cogito ergo sum」さんが落とした後、防衛されていたのでしょう。どちらも20:5600にマナさんが、21:33:11に天を翔る翼さんが落とし、そこからまたレース化しています。

最後に残ったV3ですが、ここが少し判断の難しい所です。
ログを見る限りですと、Widerstandさんや、∞The Road to Glory ∞さんなど、下位クラスのギルドや同盟さんが落としては守らずに放置していってるようなのですが、実際の所どうなっていたのでしょうか。
特に一番分からないのが、20:12:53にマナさんが落とした後、20:38:11にギルド「SweetRevenge」さんが落とし、20:50:18にマナさんが落としていますが、この時間帯がとても不透明です。
特にSweetRevengeさんに関してはまったくその正体が分かりません。防衛可能な勢力なのでしょうか。それともただ放置されていただけなのでしょうか。マナさんはこの時間帯(というより、2時間全て?)部隊を2つに分けて攻め回りされていた可能性が高いですし、単純に放置の可能性の方が高いですが・・・このマナさんが12分に落としてから50分にまたマナさんが落とすまでの時間がほんとうに分かりません。V3が10分以上に渡って放置、などというのは考えにくいと思うのですが・・・となると、SweetRvengeさんの防衛(+遅延解除?)であったとも考えられるわけで・・・・・

12~50の空白の時間抜きで考えるとV3は下位規模のギルドさんが落としあう状態であったと考えられます。



さて、全ての地域(L除き)をこうして分析してみると、いくつかの事が分かります。ポイントとして箇条書きでまとめるとこうなります。

・Cの衰退
・B5レースの過熱
・V全域のレース化

今回のGvで特に注目すべき点はこのV全域のレース化で、Vで防衛しようとする下位勢力が防衛出来ずに突破されレース会場となるパターンを実際にV1,4等で見てきましたし、5は見ていないですが、多分同じ状況だとログから考えられます。
そうなった直接の原因はVに1~20規模の攻め手を追い返すだけの防衛勢力が居なかったのが一番の理由でしょう。・・・・・その結果としてV全域で防衛している勢力が下位規模の勢力のみとなり、同規模の下位勢力が攻め落とし防衛させなかったのがレース化を招いた最大の原因ではないでしょうか。

そうして下位同士で潰しあってる所をレーサーが便乗し、Vは砦移動が(B等に比べて)簡単な点等も手伝い、レーサーがV全域へ拡散、結果として事態に拍車をかける事となり、V全域のレース化と相成ったのではないでしょうか。

そして、こうした状況でギルド~天を翔る翼~さんや猪鹿蝶さん等、落城回数20回↑を出すレーサーさんが登場したのも大きいです。

新しいレーサーギルドの台頭。下位同士が潰しあう事で生まれたV全域のレース化。これが538回の正体と私は考えます。

Part1終了

f0002212_0242569.jpg


このSSの30秒後、Valhallaさんが防衛されてる所を夜イルカとwiderさんが攻め、widerさんが破壊します。widerさんはその後、防衛に移るも、夜イルカ含め、いくつかの勢力に攻められ夜イルカがwiderさん防衛開始5分後にブレイク。こんな状況がV各所で起きていました。

BGM
鬼束ちひろ「インソムニア」
[PR]
by reiko100200 | 2005-12-26 22:49 | ラグナロクオンライン