ラグナロクオンラインLISAサーバーで活動している(?)冷花のプレイ日記。


by reiko100200

7/23Gvから、本気で取り組みます。+α

ここ1ヶ月ほどROのモチベーションが低く、他のMMOに浮気していましたが、7/23Gvから本腰入れてROに取り組みます。
具体的にどう取り組むかを箇条書きで↓に書きますと

1.Gvレポートの作成。※それも遅くても水曜日までに
2.動画ファイルのアップロード
3.私のRO接続時間の大幅な改善

以上の3つを約束します。・・・・・って、どれも今までやっていた事をやりますって言ってるだけですね。

f0002212_16441953.jpg


3の接続時間に関しては大分改善はされてきていますが。というのも、転生実装の後ほどなくして引退した、私の友人のパラディンが紆余曲折を経て復帰。今は時間さえ取れれば非公平ペアで急ピッチでレベルを上げています。
7/16Gvにも参戦したのですが、7/16Gvはありえないほど欠席者が多く、ゴスペルを生かすための戦力が決定的に足りませんでした。


BGM
Paul McCartney「Back In The U.S. Live 2002」



・・・と、これで終わってはさびしいのでもう一つとっておきのネタを。
関係してる人にはまったく許可を取っていないので、もし苦情等ありましたら遠慮なく。

f0002212_1783100.jpg


【Wsのマスターのすのおさんとお茶飲み話】
SSの日時で確認しましたら、もう一月近く前の話になるんですね。
Gv後に私がプロ南で同盟ギルド募集のチャットを立てていた時に声をかけて頂きました。同盟相手募集のチャットを立てていた時に声をかけられたものですから、「え、まさか?」とは思ってしまいましたけど。(早とちりな私は以下SSに。この後清流会にも伝わって・・・)

夜中の2時頃に始まり、プロ南の片隅で明け方まで時間を忘れて話しこんでいました。
私にとって内容はとても有意義で充実したもので、詳しい内容は秘密ですけど、話した内容は当然Gvの話を軸としたものでしたが、お互いのギルドの運営、空気、スタイル等、比較的Gvに関わる物の多岐に渡っていました。

お茶飲み話で改めて再認識したのは、Wsさんはギルドのコンセプトがとても明確でいて、柔軟な発想を持っているということ。そして個々のGv意識も高い。
新しく発見した点はすのおさん自身が有り体に言ってしまうと変わり者で、そんなすのおさんがマスターのWs自体もやはり(少しぼかした言い方をすると)Gvギルドとして特殊で、その特殊なWsに所属されている方々もまた、変わり者が多いんだなってことです。

明確なコンセプトと柔軟な思考。マスターすのおさんが(おそらく)打ち立てたWsの特殊性、その特殊さを肯定して集まったメンバー、集まった個々人の高いGv意識。逆に言えば、Gv意識が低ければ達成されないその特殊性を打ち立て、実行に移しているマスターの力。
私はWsというギルドの強さの一端をここで垣間見た気持ちでした。

もちろん、Wsの特殊性は良いことばかりではなく、確保率の低下という大きな欠点、確保率の低下から来る様々な欠点を孕みます。(確保率を犠牲にしても維持できる特殊性。その根底にあるのはWsの特殊なGvが楽しい、という事なんでしょうけど、確保を第一に動いている今の私は、どうしてもWsの特殊性を贅沢だ、と思ってしまいます。)

ですが、現有戦力で出来る当たり前の事をしているだけでは見えてこないものが、もしかしたらあるのかもしれません。
私はWsさんの、そういう開拓精神のようなものに強く惹かれると共に、多少の複雑な感情があるのは事実ですね。

此度のお茶飲み話は有意義であっただけでなく、私はよそのギルドの方とこうした形で話をするのは初めてでしたから、すのおさん自身の人柄もあって、とても刺激的で面白かったです。(・・・・・良く考えたら、中々出来ないですよね。他ギルドの見知らぬ人相手に世間話を持ちかけるっていうのも。)


BGM
Hyde
「Roentgen」
「Faith」
「EVERGREEN [DIST.]」
[PR]
by reiko100200 | 2006-07-20 19:09 | ラグナロクオンライン