ラグナロクオンラインLISAサーバーで活動している(?)冷花のプレイ日記。


by reiko100200

蓋を開けてみれば 11/27Gvレポートpart1

11/27Gv当日のブログで参加人数を懸念した内容を書きましたが、蓋を開けてみればほぼ全員が参加という結果となりました。
・・・・・一時は私一人での参加も視野にいれて準備していたので少し肩透かしでしたし、少人数構成ならではの弱点をGv開始前に露呈してしまいましたが、あまり深くは考えないようにします。(こればかりは人が増えないと解決しない問題ですから;)皆さんにはお騒がせして本当に申し訳ありませんでした(?)

さて、11/27Gvレポートですが、前回と同じ形式で書こうと思います。
part1では気になったギルドの傾向と対策、感想をまとめ、part2で夜イルカのタイムテーブルを作成して、反省等をまとめていこうと思います。
それでは、まずpart1から。



Part.1

1.ギルド「軌跡の花」さん(落城回数B4-6回、B5-3回=9回)
11/27のGvにおいて、前半から後半の最初までB4を攻め、後半の前中盤からB5攻めに移っていました。機動力に重きを置かず、比較的人数の少ないレース会場において発揮する、主力コンビによる戦術を重視しているように感じました。
主力はLKとハイプリのコンビで他にアサやBS等、5~7人程度の構成のようです。ハイプリの高速詠唱の速度減少とバーサークLKの破壊力は相変わらずハマると大変強力でした。夜イルカもこの軌跡さんのハイプリLkコンビに何度もしてやられる結果となってしまいました。

対策としては、B4で一対一のようにぶつかり合った場合は正攻法でレース勝負をするのではなく、一体しかいないLKを落とす、もしくは徹底的に妨害すれば、エンペブレイク力はかなり低下するはずですから、競り勝つ率は飛躍的に向上すると思います。(実際に妨害を試みた所、それほどVITは高くないのか、バッシュ等でスタンによくかかっていたように思います。)

三つ巴はともかく、4ギルド以上の勢力がB4に一度に攻め寄せる、などという状況は想像できませんが、ギルドの数が増えれば増えるほど、軌跡さんのハイプリの妨害にも限度はあるので、効果は薄れていきますから、軌跡さんのLkを妨害する目安として、軌跡さんのハイプリの妨害が脅威であると感じた時でしょうか。(B4を選んでいる理由も戦術の機能する競り合って2~3ギルドで済むという理由からでしょうか。)

先週の軌跡さんのギルドの感想として、夜イルカと同じ機動力重視の~と、書いてしまいましたが、どちらかというとギルド「†Decadent Fellows†」さん(以下†DFと呼称)と夜イルカの中間なのかなって、今週ぶつかって感じました。

軌跡さんは今現在でも強いギルドですが、これから先どういった職業が増えていくのかが楽しみな、過渡期にあるギルドでもあると思います。
特化職や後衛職が増えれば†DFさんやSEEDさんとはまた違った防衛寄りのギルドになるでしょうし、エンペに秒間5k程度与えられるLK、アサクロ辺りが後一人でも加入すれば、毎週20回くらいは平気で落とすレーサーへと成長するでしょう。

同じレーサーとして、今後どういう展開を見せるのか一番楽しみなギルドが軌跡さんです。
今週は若干成績は振るいませんでしたが、LK1で9回の戦果なら十分な戦果とも言えます。今後ともぜひ頑張ってください。陰ながら応援しています。



2.ギルド「†Decadent Fellows†」さん(落城回数B4-22回、V4-1回=23回)
LISAWIKIにアップされた砦別のログを見ると良く分かりますが、B4は†DFさんとどこかが交互に落とすような形となってます。
こうしてログで確認しますと、背筋がぞっとする思いです・・・・・B4は†DFさんによって半ば支配されていたように感じてしまいます。
確保戦はV4を選ばれたのか、21:51:27に落城の記録があります。(21:56:39に落とされ、5分間ほど防衛していた?)
†DFさんの職業構成での確保戦というのも、どういうものかとても興味のあるところです。ぜひ一度防衛している†DFさんと戦ってみたいですね。

ここ何週かの間、夜イルカは†DFさんとあまりぶつからなかったので、現状の職業構成等には疎いのですが、この二つのログを見る限り、(B4のログとV4のログ)妨害能力の高さは相変わらずなのでしょう。

夜イルカ指揮官であるマスターがあまり†DFさんとぶつかりたがらないのも良く分かります。・・・・・ですが、私はある点においては軌跡さんよりも†DFさんの方が戦いやすい相手であると考えています。(それは決して弱いという意味ではなく)
というのも、軌跡さんとぶつかった時にはある種の対策を講じる必要があると私は考えますが、†DFさんの場合は正攻法のレース勝負で済むから頭を使わなくて楽、という意味です。

夜イルカの主力はバーサークLK3ですから、この機動力とエンペブレイク力を持って正攻法でレース勝負をすれば、良い勝負になると思います。(対†DFさんは過去の結果を見てもそれなりに結果を出せていると思います)

今後†DFさんにWIZや阿修羅等の防衛に必要な火力が増えると、ちょっとレーサーの手には負えない存在になりそうです。
人数もレーサーとしては多い部類に入るでしょうし、今一番レーサーの中で下位行きに近いギルドさんではないでしょうか。(・・・・・ぁ、SEEDさんも近いわ;)



3.ギルド「雪少女」さん(落城回数B4-2回、B5-19回、V2-1回=22回)
雪少女さんに何があったのでしょうか・・・・・。B5以外を攻める雪少女さんというのも、レアなように思います。
V2を落とした時間は21:15:20。B5を21:09:27と21:20:08に落としている事から別働の可能性も薄いです。B4は20:51:19と20:54:28に2度落としていて、その間に落としたギルドは†DFさんです。
その間、B5は20:22:39にギルド「Cogito ergo sum」さんが20:49:50にギルド「あこなみらーず」さんが落とすまで30分近く防衛していた事からB4攻めは転戦したと考えるのが自然でしょうか。

・・・・・ですが、この1回のV2ブレイクは注目するに値します。来週のGvは雪少女さんから目を離せなくなってしまいました。(これがポタミスとか、イージーミスである可能性も十分考えられますが・・・)
というのも、雪少女さんと言えばB5でしたが、事情があれば転戦もする、もしくは来週からは転戦どころか機動力全開で攻め回りをする可能性だって否定できません。
雪少女さんが攻め回りをされれば、それだけでレーサーにとって計り知れない不確定要素となるわけですから、これはやはり来週のGvは雪少女さんの出方に注目です。



以上、レポートpart1は軌跡の花、†Decadent Fellows†、雪少女の3ギルドの感想を書かせてもらいました。

・・・・・前回のpart1で書いたギルドさんとあまり変わらない顔ぶれですね;
「レーサー's」さんや「あこなみらーず」さん等も書きたいのですが、Gv中にぶつかる機会があまりないので、書けるほどには分からないんです;(B5等ではぶつかりますが、ああも混雑して、慌しい状況ですと、中々周囲に目を配るまでには至らず)

子悪魔さんに関しては21:16:02に子悪魔さんが落としてから21:55:25にギルド「Whirlwind」さんが落とすまで落ちていませんから、つまりは遅延されていたようですし、17回という回数にも、(子悪魔さん本隊の方はあまり転戦慣れはしていないでしょうから)納得がいきます。(ログを見て判断すると、C4からV5に転戦されたのではないでしょうか。)

また、今回感想を書かせて頂いた軌跡さんと†DFさんはB4を軸とされているギルドで、機動力で勝負をしているギルドさんではありませんが、来週のレースはこの2ギルドさんも大きく動く、もしくは動かざるをえないかもしれません。

特に明確な根拠はないのですけど・・・・・今週のB4の落城回数51と、先週の45、先々週の31と、このままずっと右肩上がりで今後もB4が落ちていく、というのは考えにくいと思うのです。この辺りで揺り返しで長い時間防衛可能な勢力が来る可能性は十分に考えられると思うのですが、どうでしょうか。

あるいはまったく逆のパターンで、レーサーが集まって前半から確保時間帯のB5のような状況になるかもしれません。
これだけB4が落ちて、しかもB4の特性として落城が前半に集中する点を考慮すると、51回でも引き際を心得れば凝縮された51回であると言えるわけですから、それはもう酷い状況になるかもしれません。

どちらのパターンにせよ、雪少女さんと同じくらい来週のB4は注目です。・・・・・何事もなく、今週のようにレース会場であってくれればそれに越した事はないのですけどね。


<レポートpart1終わり>


BGM
徳永英明「VOCALIST」
山下達郎「ソノリテ」
Hyde「ROENTGEN」
[PR]
by reiko100200 | 2005-11-29 21:33 | ラグナロクオンライン