ラグナロクオンラインLISAサーバーで活動している(?)冷花のプレイ日記。


by reiko100200

11/27GvレポートPart2

レポートPart2 夜イルカ11/27タイムテーブル


A.19:55~20:03
今週もスタダはB3。19:55から用意して突入は59分。スタダは失敗に終わるも、BCから速攻をかけ、これが成功しブレイク達成。

B.20:03~20:30
B4一本に絞り†DFさんと交互に落とすように調整するも、13分以降C3転戦するまで軌跡さんに競り負ける結果に。20分台後半になってC3へ転戦。この時間帯における落城数/分(3/27)

C.20:30~20:55
転戦早々に30分にC3ブレイク。C3攻めの指示が出るもポタミスによりB4へ。これを受けて目標B4に変更。32分と36分に(間に†DFさんを挟んで)ブレイク。すかさずC3へ転戦し、39分にブレイク。ここでC3に絞りマスターが兼ねてより試したかった2段階攻めを敢行するも、さしたる戦果を得られず15分ほど空白時間となる。これを受けて正攻法に再度変更、55分にC3落城。この時間帯における落城数/分(5/25)

D.20:55~21:20
B4一本に絞る。57分にブレイク。間に†DFさんをはさんで21:02、06、09と連続ブレイク。
一回競り負けるも16分、19分にブレイク。この時間帯における落城数/分(6/25)

E.21:20~
B4からB5へ転戦。48分からマスターがV2に偵察。その間も他のメンバーはB5攻めを敢行。マスターが単騎で52分にV2ブレイク。53分にBC集合し最終確保をB5とし、消耗品の補給等を念入りに確認した後、B5前へ。この時54~55分。落とす事はかなわず、B5を夜イルカが落とした最後の時間は49分。この時間帯における落城数/分(9/40)



以上が11/27Gvにおける夜イルカのタイムテーブルとなります。


【A】
スタダで競り負けた相手はギルド「暴走機関車トーマス」さん。ソロのLKさんで夜イルカはLK2叩いてました。・・・少し運が悪かったみたいです。
ここで間髪いれずにB3突入指示が出ます。結果、これが功を奏しブレイクに至ります。


【B】
B4へと移動。†DFさんと交互に落とすようにここで少し砦前で待機し調整しました。13分のB4ブレイク以降、C3へ転戦を決定する20分台後半までブレイクなしと15分ほどの空白期間が続いていますが、ここは軌跡さんを主に競り負けた結果です。15分以上もの間、競り負け続けたのは久々じゃないでしょうか。


【C】
Cへ転戦。人もあまり居なかったですし、有名どころのレーサーも居なかったので余裕のブレイク。
再度C攻めの指示がでるもポタミスによりB4前へ。これを受けてB4へ転戦指示。B4を2回落とした後、C3へ転戦し、早々にブレイク。
ここで前衛を二つの組に分けてC3を攻める案をマスターが提案。実行に移すも、慣れぬ指示で混乱が生じます。ごたごたした時間がおよそ15分ほど続き、(この間落城なし)作戦の中止を決定。正攻法のレース勝負をしかけC3を55分にブレイク。このブレイクをもってC3への転戦を終了する。


【D】
(※この時間帯につきましてはマスターのブログにある11/27レポートに詳しく載っているのでぜひそちらも参考にしてください。)
B4転戦早々、砦前にギルド「widerstand」さん(以降、widerと呼称)が待機中。夜イルカとは人数差があるのでかなり気圧されながらのB4攻めとなりましたが、widerさん相手に2回ともB4を獲得するという最高の結果を得る事に。
widerさんの騎兵はエンペに辿り着いてもエンペを殴らずにエンペ周辺にBDSを仕掛けていた事からおそらく制圧を目論んでいたのではないでしょうか。

その後、主な競争相手として軌跡さんがいましたが、ここで対軌跡さん対策を編み出せたのは大きいです。前半のB4でやられていた分もキッチリお返しして差し上げられたと思います。
軌跡さんはその後2回ほど主力のLkさんがフライング。夜イルカ的には不戦勝(?)を納めます。

21:19のB4ブレイク時にマリオIE同盟さんがB4へ。
EMCを使われるも寸でのところでブレイク。これを機にB5へと転戦。


以上、夜イルカ的には中々おいしい時間帯となりました。結果としては†DFさんと交互に落とすマスターの意図に沿った内容となりましたが、それは偶然そうなったに過ぎないと言わざるを得ないでしょう。
(夜イルカとしては)理想的な結果を得ていますが、薄氷の上を歩いていたのは間違いありません。もしもwidersさんが制圧でなく、躊躇わずブレイクしていればここでB4の落城は相当落ち込んだはずです。(そうなったらマリオIE同盟さんとの対決という、レーサーの介入する余地は極めて少ない状況になったのではないでしょうか)


【E】
B4と同等か、それ以上に回数を稼ぐ場となるB5攻めです。
11/27Gvでも8回落城と相当数落としています。雪少女さんと交互に攻める形となり、(雪少女さんと)かち合わなかったのは大きいと思います。
40分台後半にマスターが偵察にV2を訪れ、単騎でV2を落としましたが、ギルメンとしては少々複雑な心境ではあります。
確保戦決定までいつもより時間がかかったのが反省点でしょうか。さすがに54分頃になって確保戦の準備を終えるのは遅いと言わざるを得ません。



マスターも復帰され、久しぶりにLk3揃ってのGvとなりました。
落城回数も夜イルカ最高記録タイと申し分ない結果ではないでしょうか。
マスター自身は今回のGvにおいて指揮ミスを痛感していらっしゃるようですが、私に言わせれば今までで一番良い指揮であったと思います。

もちろん、マスターが反省点としてあげている指揮ミスは反省すべき点であると私も思いますが、それらの失敗はもう、その失敗を犯した時点で失敗であるとマスター自身が気が付いていますし、再発防止の対策も易しいです。
それらの私に言わせれば「些細な失敗」はあまり気にはしません。そんなものよりもっと大切な時間の扱い方やその場その場の判断が(昔に比べて)格段に進歩している事が、3週振りにマスターの指揮を受けて良く分かりました。

11/27Gv、私にとって一番の収穫はマスターが指揮官としても優秀であると、再認識できた事かも知れません。



レポートPart2終わり


BGM
鬼束ちひろ「This Armor」
[PR]
by reiko100200 | 2005-12-02 19:36 | ラグナロクオンライン