ラグナロクオンラインLISAサーバーで活動している(?)冷花のプレイ日記。


by reiko100200

<   2006年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

【GM募集】
L'e soir dauphin、通称夜イルカではギルドメンバーを募集しています。

基本的なギルド規約を守れて、(公式に違反する行為をしない、プレイマナーを守る等)Gvに対して積極的に取り組める方なら、レベルや職業問わず歓迎致します。
1/15Gvからレーサーではなく、攻めギルドとして活動を始めました。特に不足している後衛職(魔,弓)、雷鳥、プリ等は大歓迎です。

詳細につきましてはココをご覧になってください。



【上納アルバイト募集】
上納経験値1expにつき、1zeny支給で募集しています。
条件として
1.1週間で5M以上の上納可能な方
2.BOT,チートツール等、公式で違反とされてるツールの類を使用しない事
3.公式に記載されてるプレイマナーを守る事



【連絡方法】
1.RO上で直接連絡を取る
手段としては「秋ノ紅依」「タマ妹」「冷花」「クラリッサ」(かぎかっこは除きます)の何れかのキャラへwisをする。
またはプロ南で募集チャットをよく立てていますから、そちらに書き込みをする。(その際、接続時間を大まかでも良いので書き込んで頂けると連絡が付きやすくなります)

2.このブログの記事に書き込みをする
この記事に対してRO上のお名前と、GM希望かアルバイト希望かを書き込んで頂ければ、RO上で必ず連絡致します。(こちらも接続時間を大まかでも良いので書き込んで頂けると連絡が付きやすくなります)
コメントをのこす際、非公開コメントのチェックボックスにチェックを入れるとブログ主である私以外はコメントを読めない仕組みになっていますから、ブログ上で名前を上げたくない方はこちらをご利用下さい。



【最後に】
GM募集も上納アルバイトの募集も、話しをするだけでもけっこうですので、お気軽に連絡下さい。
GM募集につきましては、詳細ページをぜひご覧になって下さい。体験から可ですので、こちらもどうぞお気軽に。


最後に、ここまで目を通してくださって、ありがとうございました。この記事をご覧になってる貴方のお越しを夜イルカ一同、心待ちにしております。(深々
[PR]
by reiko100200 | 2006-01-16 13:46 | ラグナロクオンライン

遅くなりました

内容は前回の続きにあたります。
といっても、旗復帰については私なりに100%まとめましたから、続きとなる今回の更新は、レーサースレにも出ていた私の謝罪についてです。

前回のブログの更新で、私は自身のブログ内で何に対しても謝罪の意を表していません。マスターが謝罪しているのになぜ私は謝罪をしないのか、といった内容の指摘をレーサースレで受けましたが、それは一つの側面においてもっともな指摘だと思います。

というのも、外に情報を発信する手段を持っていたからといって、ギルドメンバーまでも謝るというのはおかしな話と思いますし、まただからといってマスターは謝罪しているのに、ギルドメンバーからは謝意の欠片も見えなければ、やはりそれはギルドとしての態度が不透明であると言われても致し方ないかもしれません。

ですが、ギルドの総意という意味において、私の言動、思考、思惑など関係なく、マスターの発言、特に対外的な事柄に関してはマスターの発言だけがギルドの総意であると、私は考えていますし、それは私の考えというよりは常識で考えてマスターの発言がギルドの総意と扱われて当然のことと思います。
そのマスターが攻め被ったギルドの方々に謝罪の意を表するのであれば、夜イルカとしてはそれが正式な対応となりますし、私個人が例えばこのブログ内でどのような事を書いても、私個人の考え等、ギルドとしての対応でなければどれほどの価値もありませんし、夜イルカとしての正式な対応に何一つ影響を与える物でも、もちろんありません。

・・・

・・・・・ですが、私もまた攻め被ったギルドの方々と、マスターとギルドメンバーの皆に、ギルドメンバーの一人として謝意を表したいと思います。
先ほど、ギルドメンバーにまで謝罪を要求するのはどうかと言っておきながら、謝意を表するのは、信頼しているマスターが謝罪という態度で臨むのなら、私もまた謝意を表する事に吝かではないからです。

攻め被ったギルドの方々には迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げるとともに、今回の件で混乱を招いたことにつきまして心より謝罪申し上げます。

また、マスターとギルドメンバーに謝意を表するのは、皆の信頼を私の独断、単独行動によって裏切ってしまったからです

夜イルカの皆、本当にごめんなさい。

少しくどくなってしまい、あまり誠心誠意といった感じがしませんが・・・・・。ですが、こういったことを細かく書くこともまた、誠意の表れと取って頂ければ幸いです。





さて、上の文章で謝罪をしたばかりの人間が、このような事をいうのも、本当に何様って感じでおこがましいのですけど・・・・次にレーサースレにおける旗復帰の扱いについて少々言及させて頂きます;

レーサースレでレーサーの評価を考えている方々は、旗復帰について話し合いをするべきかと存じます。
具体的には単純に旗復帰を使用したギルドを評価するのか、しないのか。また、するにせよ、しないにせよ、根拠に基づいて論じるのが大切な事でしょう。

根拠に基づいて評価をすると論じ、それをレーサースレで支持する場合はこれ以上論じるものはありませんが、根拠に基づいて評価をするべきでないと論じ、それをレーサースレで支持をする場合、発見方法と罰則も論じた方が良いと思います。

発見方法はもうレーサースレ、というより、ほとんどのレーサーの方は旗復帰について知りえましたから、どこが旗復帰を使ったかは、砦前の状況や落城時間から分かると思います。気を付けなければならないのは、私怨等による虚偽の情報等にどう対応するか。

罰則も明確にする必要があります。
旗復帰を使い続けてるギルドはともかくとして、使用をやめたギルドも永久に評価外にしてしまうような重い罰則を適用するのか、それとも一定期間の間、評価を凍結する軽い罰則を適用するのか。
発見方法で虚偽の情報による冤罪の可能性も考えられることから、一定期間の評価凍結など、軽い罰則の方が良いと私は考えます。

あと、最後に今まで使っていたギルドを評価外にするかどうかですが、これについては私は使用した夜イルカに在籍しているので何とも言いません。
ですが議論としては一番最後で良いと思います。大切な事はまず旗復帰をレーサースレでどう扱うか、ですから。



・・・・・と、少し中途半端ですが、今回の更新はこれにて終了です。
すごく眠たい&ほとんど読み返していないので、今回は読みづらいかもしれません。話しの整合性だけは取れてる・・・と思います;
(あまり酷いようでしたら、なるべく早くに修正します)
[PR]
by reiko100200 | 2006-01-15 03:50 | ラグナロクオンライン

1/8Gvレポート

今回の更新は旗復帰に絞って書こうと思います。・・・・・タイトルの1/8Gvレポートというのは、タイトル名として若干不適切かも知れません。

もうほとんどの方がご存知かと思いますが、夜イルカは1/8Gvにおいて、途中から旗復帰を使用してレースをしています。旗復帰使用の経緯、(旗復帰に対する夜イルカの)今後のスタンス、旗復帰という戦術について、せっかくですから少しまとめておこうと思います。
今回の更新は上記3点に重点をおいて書きますが、私自身の狙いや考えはまた別の所にあります・・・・・ですが、私の考え、狙い、どちらもさほど重要ではないですから、今回の更新はなるべく私情を挟まずに書くつもりです。



f0002212_15485481.jpg



1.旗復帰使用の経緯
事の発端は夜イルカがV攻めの最中に、私の独断、単独行動にて旗復帰を試み、これが成功した事によります。
V4は20:26:30に夜イルカが落とし、20:28:47にギルド「[陸奥圓明流」さんが落とします。夜イルカはすぐV4へ突入しますが、独断で私だけ旗復帰を試み、結果成功。ブレイクにも成功し20:29:29に単騎でV4を落とします。

画像にもある通り、時間として20:30頃にギルドメンバー全員に旗復帰が有効であると知れ渡り、ここから夜イルカ全体でV4,V2で旗復帰を利用してのレースを展開します。
各人の慣れや、旗復帰の特性を知る為のいくつかのテストも最初の時間帯は行っていたので、実質は1時間弱程度、特にV2で旗復帰を利用していました。

結局、40分頃まで旗復帰を使ってのレースは続けますが、確保戦の準備のため旗復帰を放棄し一度BCへ戻ります。
この時すでに1時間程度、旗復帰を続けていたのですが、確保戦に際しては意思表示をしていたもの全員が旗復帰を使う事に対し、否定的でした。
というのも、今回夜イルカが旗復帰を使ったその理由は、私の独断行動から発展した突発的なものでしたし、ギルド全体で旗復帰を使ったのも実験的な意味合いが強く、後半になってある程度旗復帰を使ってのレースに慣れてくると、最早レース等ではなく、作業となっていましたから、正直使っていても面白くもなく、得る物も少ないので、ここで旗復帰攻めは終了となります。



夜イルカのマスター、メンバーの皆が旗復帰について知っていたかどうかは私には分かりません。・・・・・あまり知っている感じには見えませんでしたが、旗復帰自体はそれほどマイナーな戦術というわけでもなく、そこそこ知れ渡っている戦術です。サーバーによっては当たり前のように使ってくる勢力のいるサーバーもありますし。

夜イルカはB3-4を主体にレースをしていたので、Bは旗復帰の場所から砦まで距離があるため、旗復帰はポタをだせる人間が2人(B3-4の中間地点と旗の地点ですね)もしくはポタ場所をBのために2箇所割かねばなりませんが、それは実用的ではありませんし、ポタを出す人間も二人も居ませんから、自ずと旗復帰とは縁遠い位置にいましたから、知らなくても疑問はありませんし、知っていてもこれまで試す機会はありませんでした。
今回になって私が独断で旗復帰を行ったのも、旗復帰という戦術を20:20~頃に思い出し、Vならその実践が容易であったから、まずは私一人で出来るかどうか試した次第です。



2.今後、旗復帰を使うのか?
今後も旗復帰を使うかどうかは指揮官であるマスターの一存次第です。
マスターは自身のブログ内で使用しないと明言しているので、夜イルカで使用はしないでしょう。



3.旗復帰について
今回1時間ほど旗復帰を使ってみて、大分旗復帰について理解しました。



f0002212_14471076.jpg




まず、上の画像をご覧になってください。
旗へ話しかけると、砦内へ戻るかどうか選択肢が表示されますが、この選択画面で砦が落城するまで待ちます。
落城をログで確認したならば、少しの間を持って「砦に帰る」を選択します。旗復帰でも選択が早すぎるとフライングとみなされセーブ地点に戻されてしまうからです。実際に砦に突入するのと同程度のタイミングが良いでしょう。

また上記の選択画面ですが、選択肢を提示してくるNPCに話しかけたまま、何も選ばず一定時間を経過すると無効となってしまう事がありますが、旗にもそれは適用されています。
30秒~1分弱程度なら、無効とならずに問題なく旗復帰できますが、1分以上は無効と見なされていたように思います。もしかしたらサーバーの混み具合や回線速度等でも変わる・・・のかもしれません。(・・・変わらないと思いますが)

(日向さんのブログ内で落ちた瞬間に旗に話しかけるという手段も紹介されていて、私も一度だけ試してみましたが、話しかけるタイミングが遅かったのか、復帰は受け付けられませんでした・・・タイミングは相当難しいと思います。)



4.戦術としての有効性



f0002212_1544922.jpg




回数を稼ぐ手段としては、有効であると言えます。
特にEDPアサクロやLk複数体に使われたら中々割り込む余地はないですし・・・・・。
3番目の画像ではギルド「-Colorful-」さんが落とした後に防衛へと移っています。
このように、次に落としたギルドが防衛を始めると、旗復帰の利点は若干損なわれますが、防衛するためにエンペに向かっている後衛よりも先に着いたりすることもLKなら・・・・・いえ、Lkでなくても、あるのでまったく無効ではないでしょう。

では、回数ではなく確保のための戦術として有効なのかどうかですが、これは極めて判断が難しいです。

旗復帰を確保に結び付けようとすると、どうしても極端な使い道・・・ギルドを二つに分けて交互に落とす事によって他ギルドを寄せ付けず、確保をする。というような使い道になると思うのですが、この方法には些か無理があるように思うのです。
こういった使い道はまったく無理とは申しませんが、(少なくともレーサーであって、エンペへの秒間与ダメが総合計で20kを超えるようなら、普通にレースをするより確保の可能性は断然高いとは思います)
誰か一人が失敗するだけでも、特にアタッカー等が復帰に失敗すれば、それだけで致命的なミスとなりますし、一人、二人失敗しても平気なように大勢のアタッカーを集めれば、それはそれで旗復帰を使わなくても十分高い確率で確保を望めるのではないでしょうか。

LKやアサクロ等、アタッカー陣が豊富であるならば、確保に際しての戦術の一つとして認識しても良いと思いますが、一人の一回の失敗が致命傷となる綱渡り的な戦術であることに変わりはありません。(実際、夜イルカで使ってみた所、失敗は慣れていないせいもあって、大分多かったです。)

そして何より、開始時間から2ギルド体制で落とし始めた場合、1分圏内には確実に入れ替わるようなレース展開になるでしょうが、競う相手もなく、ミスも許されない条件の下、2時間もこのようなレースを強いられるのは、苦痛・・・・・というより、(いくらGvに勝つということは確保をする事とは言っても)そこまでやる価値があるかは些か疑問ですね。(これは人それぞれでしょうけど)


BGM
BUMP OF CHICKEN「ユグドラシル」
[PR]
by reiko100200 | 2006-01-12 15:45 | ラグナロクオンライン
†Decadent Fellows†編

今回はDFさんに的を絞って徹底的に、隅々まで分析していこうと思います。
今までDFさんについては総力がまったく未知数だったので、とても不気味な存在だったのですが、下位GvリンクからDFに所属されているチェイサーさん(と、もうお一人JOEさん)のブログが追加され、非常に有用な情報がいくつも手に入りました。
夜イルカはレースにおいてDFさんと真っ向からぶつかる事は、実はとても少ないです。お互いが相手の落城を利用して、砦を高速回転させているので、どうしてもすれ違いになってしまうのですね。


職業、部隊編成と立ち回り
LK、アサクロ、騎士、脱衣ローグ(セージ)、チェイサー、ハンター、スナイパー、ジプシー、WS、プリ

12/25Gvの時は15名ほどいたようですが、この状態がDFさんのほとんどフルメンバーに近い状態のようです。(もしくはプリや騎士等、複数いるという事でしょうか・・・さすがにこの規模でプリ1は考えにくいですし。)
もうお一人、JOEさんの方のブログを拝見すると、脱衣ローグ持ちの方はセージも持っていらっしゃるようです。
全体の参加率には若干のムラがあるようですが、レーサー全体から見ればむしろ、良いほうではないでしょうか。

この職業構成で部隊編成はブレイカーであるLKとセージペア(以降、A部隊と呼称します)。アサクロとチェイサーペア(以降、B部隊と呼称します)と分け、WSとスナイパーを中心にして殲滅部隊としているようです。
ブログの中でSeedさんとの立ち回りを書かれていますが、防衛等を切り崩すのは殲滅部隊の役割のようです。12/18Gvにおいて、DFさんは30回落城を達成する反面、40分間もの間、落城記録が途絶えていました。
推測すると、この40分間の空白時間はおそらく、V方面のどこかを殲滅部隊が攻め続け、回数を稼ぐA,B部隊も合流されていたのではないでしょうか。そう考えるのが一番自然なように思います。(12/18Gvレポートがないため、正確な事は分かりませんが。)

また12/25Gvにおいて、46回という驚異的な落城数を記録したその仕組みは、ブレイカーを妨害職とのペアで独立させて行動させるのと、ブレイカーのいない本隊は突破して落として回数を稼ぎ、46回という数字に至ったのでしょう。
その際、(この時の参加人数は15人程度との事です)B3-4(それぞれに1部隊ずつ?)、B5、V方面と、最大で部隊を4つに分けて攻めまわっていたようです。
JOEさんのブログの12/14レポートに他部隊の動きが把握できなかったとあるとおり、また常識的に考えてみて、これだけの部隊を一人の人間が指示を出すのは至難の業です。各部隊ごとに判断、決定をして動いているのでしょう。

また、DFさんの21時過ぎ、特にB4を切ってから落城数が極端に落ちるのは、A,B部隊が本隊の殲滅部隊へと合流するためでしょう。(また、ここでの書き方からも察して、部隊間の独立性はとても高いものと考えられます)



傾向
まとめるとこうなります。
Gv開始から一定時間経過(おそらく21:30くらいではないでしょうか)するまでA部隊、B部隊、殲滅部隊と分けて、(B3,4,等の回数を稼げる場所の落城ログ等を判断材料とし、時には4部隊にまで分けて)それぞれが独立して動き、それぞれの部隊に適した砦を攻め回り回数を稼ぐ。その後、全員合流して確保戦へと向かう(傾向としてはVが多いように思います。おそらく、殲滅部隊がV攻めをしているのでいきやすいのでしょう)



対策
A,B両部隊共にペアないし、3人程度での行動を原則としているようですから、DFさんのA,B部隊のどちらかと砦前で1対1の状況であったなら、初めのWPで妨害職業を徹底的に足止め(可能ならば殲滅)するのが良いでしょう。B部隊のアサクロペアの方は妨害職ではなく、アサクロへの妨害でも良いと思いますが、クローク等で逃げ切られる可能性も高いですから、妨害慣れしていない所は妨害職の妨害で安定でしょう。
ダンサーや阿修羅等がいれば、A,B部隊を抑えるのは容易です。仮にこの2職がいなくても、ヒットストップでどちらかを釘付けにしてしまえば(ブレイカー職であるに越した事はありませんが、妨害職の方でも十分効果的です。チェイサーへヒットストップを仕掛ける場合、コート推奨)抑えられるのではないでしょうか。

問題は1対1の状況ではなく、複数ギルドで対峙した場合ですが、阿修羅やダンサー等が居ない場合、こういった複数対峙のケースは対策のしようがありません。
唯一取れる手段として、チェイサーの脱衣対策にコートをするくらいしか・・・・・。夜イルカの場合ですと、妨害職の方がエンペに辿り着く前にブレイクする事も(その時のサーバーの重さにもよりますが)可能なので、5分の戦いは出来ますが・・・。

本隊である殲滅部隊は(レーサーである内は)特に対策は必要なさそうです。レース会場へはあまり出向かないのではないでしょうか。



感想
ギルドという一つの単位に捕らわれず、随分と柔軟に活動しているな、というのが一番の感想です。
夜イルカは現在Lk4居ますが、私はこれまでそれぞれが別行動をして一人10回も稼げば40回以上の落城を見込めそうと考えた時期は確かにありますが、砦移動や支援の手間を考えるとポタ子は必須でしょうし、(もしくは2PCですか)集中運用した方が競り負ける率が減り、その方が良いと私は結論を下しました。(念のため、私が指揮官ではないですが)ですが、レーサーの成績という観点から考えるなら、誤りであったようです。
いくら一つの部隊を迅速に運用したとしても、複数の部隊をそれぞれの意思決定の下に動かした方が効率は良いでしょう。DFさんの昨今の成績はその証明に他なりません。
また、DFさんの上手いところはブレイカーと妨害職とペアで行動されている点でしょう。これにより、目標とした砦は相当高い確率で落としているのではないでしょうか。

・・・何はともあれ、随分と遅くなってしまいましたが、46回LISA最多落城記録更新、おめでとうございます。
[PR]
by reiko100200 | 2006-01-07 12:59 | ラグナロクオンライン
※今回、レポートを書くにあたって、内容に少し棘・・・・・というより、少々強気な部分がちらほらあるので、気を悪くされる方もいらっしゃると思います。
どこか特定のギルドさんを中傷、非難等は一切していませんが、私が思ってる事、感じてる事を率直に書いてるので、強気な文章を読むのが苦手な方は、ここでご遠慮下さい。



















レーサーとはどのような存在か、と聞かれて、このブログをご覧になっている方々は答える事が出来るでしょうか。


防衛をせず、防衛勢力のいない砦を落としまわる存在。


・・・・・妥当というか、レーサーだけではなく誰もが答えそうな答えですが、現にそれはその通りでもあります。
さて、もしレーサーが上の通りのような存在だけであった場合、レーサーはGvにおいて、どの程度の価値があるのかと問われれば、残念ですがどれほどの価値もない、言い過ぎかもしれませんが、言ってしまえば取るに足らない存在であると言えるでしょう。

Gvというゲームにおいて、ただ砦を落とすだけでは勝てない。と、Gvに勝つという事はつまり、砦を確保するという事に他ならないと私は考えています。
(砦を確保する事に対して特別執着しているわけではありませんが)確保を目指さずしてGvに参加するのは、それは少なくともGvを真剣に戦うつもりはないという意思表示に他ならないと考えています。

人数や職業構成等を鑑みて、レーサーは防衛向きではないため(もしくは防衛そのものが不可能ですが)確保は至難の業ですが、だからこそ、確保に対しての心構えは、大手の勢力等、確保を当たり前のようにこなすギルドよりも、重要なウェイトを占めていると思うのです。


・・・


・・・・・さて、私が今回改めてレーサーの在り方について考えるに至ったその理由ですが、それは前回のブログでも申し上げたとおり、12/25GvにおいてV全域のレース化を決定付けたレーサーのV大量参戦と、DFに所属されているチェイサーさんのブログを拝見して、ある一文にとても惹かれたからです。(転載は許可を得ていないのでしませんが、内容としては「夜イルカと交互に落とす事によって、遅延を狙っていた大手を推し留めていた」というような内容です。)

この2つの事柄にはとても考えさせられ、(この2つの事柄と)出会うまで私はこう考えていました。
「WIKIの評価のためにBの過疎砦で回数を稼いで、最後はB5でレース勝負をすれば良い」と。

レーサーとしての見地から考えて、この考えに間違いはありません。・・・ですが、今しか見ていない、決して先に進む考えでない事も事実でしょう。

レーサーギルドの中には、レースが好きでレーサーとして活動しているギルドも決して少なくないと思います。・・・勝つためではなく、レースという行為を楽しむために活動しているギルドに対してではなく、中には夜イルカと同じく、人数の都合でGvでレースしか取れる手段がない。というギルドも多いと思うのです。

そういった、レーサーとして活動しているけれど、本来の目標は別の所にあるギルドは普通にレースをしているだけではある程度強くなってしまえば、それ以上先の段階へは進めないのではないでしょうか。

本気でレースをやれば落城回数で20回くらい平気で超せる勢力はもう、レースだけをしている段階にはなく、最後にはしっかりと確保に結びつく手段で、自身のギルドの戦力と目標を鑑みて、取れる手段は本当にレースだけなのか考え直してみる必要があると思います。(私の印象でしかありませんが、実力的にDFさん、Seedさん、雪天使さんの3ギルドは、大きなお世話で恐縮ですが、ただレースをするだけでなく、レース以外の何かしらのコンセプトを持ってGvに臨むべき時期に入っていると思います。)

レーサーだからといって、Gvという大きな流れに何の影響も与えられない、何も出来ないという事は決してないはずです。
レース以外の何かしらの(くどいですが確保にも結びつく手段で)コンセプトを持って、上位のレーサーギルドがGvで活動したならば、それはレーサーにとって先を歩く一つの指針ともなるでしょうし、12/25Gvのような、レーサーがGv全体にも影響を与え、そうしてレーサーという存在が一つの勢力として認知されるようになれば、そこにレーサーとしてのあり方があるのではないでしょうか。(また、レーサーの存在価値という話しだけではなく、自身のギルドもレーサーと目標の間に位置する過渡期へと以降し、一つ段階を進むでしょうし。)




(続くかも・・・・・今回は思うがままに書いてるから、まとまり凄く悪いわ;)
[PR]
by reiko100200 | 2006-01-06 21:52 | ラグナロクオンライン
夜イルカのマスター、ギルメン、それと私の友達へ・・・・・あと、レーサーの皆様、新年、明けましておめでとうございます。(遅すぎ;)

去年の11月に付け始めたこのブログは、おかげさまをもちまして3ヶ月目へと突入しました。
週に数百人程度の方々に見て頂いているという、開設間もないのにこれだけ多くの方々に見て頂いて、書き手としてとても幸せな気持ちでいっぱいです。
これからも精一杯、(皆様のお役に立てるような内容の)更新頑張りますので、よろしくお願いします。(深々)


・・・


・・・・・さて、去年の最後の更新は私なりにレーサーの評価方法を改めて見直してみて、一応、私自身が納得する答えを出せた所で終わってしまい、12/25Gvのギルドの印象等、書けずに終わってしまいました。
今更な感はありますが、前回のGvは記録尽くめのGvでしたから、機会を見て、形を変えて書いていこうと思います。

また評価方法に関してですが、板でもそれなりに評価見直しの気運が高まり、これはもしかしたら評価内容を改められるのでは、と若干の期待を寄せていたのですけど、いつの間にか、なぁなぁで終わってしまい・・・・・(今の評価方法は適切ではないと考えているので)少し残念です。

例えば板に書き込んでいる人間が1~20人居たとして、その内の1,2人が真剣にレーサーの評価方法を考えていたとしても、それは変革するために動き出せる数ではないという事が今回の事で良く分かりました。
こういう、ある程度大きな変革をもたらす話し合いを成立させるためには、話し合う人々もそれなりに多くいないといけません。大勢の人がいればそれだけ評価方法の精度も上がりますし(割合が少ないとしても)真剣に考察する方も増えるでしょう。
しかしながら残念なことに、レーサーの評価は当分の間、記録と個人の主観をごっちゃとしたものとなり、適切ではない評価方法を参考として論じなければならないようです。(わたしのブログ内ではWIKIの評価ではなく、ログを主としてレポートをつけていますから、レポート内容に変わりはないと思います)



さて、あまり景気の良くない話しとなってしまいましたけど。
1/1Gvレポートに関しては私はGvに出席していませんから今回は書けません。私自身、先ほどマスターのブログでGv内容を確認してきたような具合ですので、気になる方は夜イルカHPにあるマスターのブログにて、ご覧になってください。

そういうわけなので今週はレポートはありませんが、Gvに関する事でレポート以外の書きたい内容がけっこう溜まっているので、それらを消化していきたいな、と思ってます。

・夜イルカの採用してる戦術の有用性や、ギルドの今後の見通し。
・ライバルのギルド(新しく情報も入ってきましたし)の分析。

まず、この辺りでしょうか。余力があれば・・・・・

・Gvという大きな視野で見て、レーサーには何を求められるか。
・回数を稼ぐコツ、教えます。
・レーサーの在り方とは。回数偏重は本当に正しいのか。

調子にのって書いていたらNHKの特番みたいな題になってしまいました・・・・・(ごめんなさい;)
下のリストは12/25Gvの結果と、DFに所属されているチェイサーさんのブログを拝見して、私なりに考えさせられる事が多かったので、こういう題材で書きたいなと思い至りました。

次のGvまでにどこまで書けるか分かりませんが、今週は上の題で更新頑張りたいと思います。それでは今日の所はこれで失礼致します。

BGM
QUEEN「JEWELS」
[PR]
by reiko100200 | 2006-01-04 10:28 | ラグナロクオンライン