ラグナロクオンラインLISAサーバーで活動している(?)冷花のプレイ日記。


by reiko100200

<   2006年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

お知らせ+レポート

【お知らせ】
今週は動画の公開はしません。
新しく使ってみた「HyperCam」が思い通りに使えなかったので・・・。



【レポート】
「Britoniah2は交戦が絶えずとも、B全域は平穏そのもの。今後の動向は風鈴同盟と、第五勢力の動向次第」

開始時間から終始B2に絞って行動していたのですが、一番最初に動きがあったのはB4で、玉いぬ同盟はどうやら防衛スタートで行動していたようです。
B4がどういった状況かは分かりませんが、20:07にロリビー同盟が落としている点を見ると、「ロリビー同盟がスタダの混戦で割ったのかな」と想像していましたが、ブログ周りをして当事者のレポートを拝見するに、玉いぬ同盟はあえてB4放棄したとのことで、(防衛ラインを引いて5分程度で放棄する意図は良く分かりませんが)直接の交戦はなかったようです。

20:07のB4の落城ログを私はB2で見ましたが、B2ではLS連合の防衛ラインを一閃紫電同盟の方々が攻略している最中でした。
この攻防はLS連合がB2という守りに適した砦の構造も相まって、完全に押さえ込んでいたと傍目で見てる分には感じました。

20:10頃になってB2に玉いぬ同盟が登場。一閃紫電同盟と共闘しつつ攻城を開始。それからほどなくして、FG蝶同盟、ZEVRA+イルカ同盟、一閃紫電同盟はZEVRA+イルカ同盟がB2に到着して攻城を開始した頃には撤退。ロリビー同盟別働隊もB2に20名ほどの規模で来るものの、玉いぬ同盟とZEVRA+イルカ同盟からどうやら排除されていた(?)ようです。

さて、結果としてB2で防衛を展開するLS連合は玉いぬ同盟、FG蝶同盟、ZEVRA+イルカ同盟から攻められ(一閃紫電同盟は途中で撤退しているのでカウントせず)B2を玉いぬ同盟に城主LSの遅延状態のまま奪取されるという展開になります。
結果だけみればLS連合の防衛は攻城側に遅延状態を許し、いいように攻略されたとみれますが、ここもブログ周りをしてみるとどうやらLS連合の人たちにとって、玉いぬ同盟とZEVRA+イルカ同盟が同盟ではないけど、ERで協力して割らずに殲滅戦をしかけてきたのが予想外だったようです。(とはいえ、知っていたとして打つ手があったのかどうかは存じません。)
それでもLS連合の防衛はとても厚く、幾度となく攻城側を追い返しますが、最終的には人数差で押し切られ、ERから徐々に排除されていくという形に。

21:00になると、攻守は完全に逆転して遅延状態の玉いぬ同盟の防衛を、LS連合、FG蝶同盟、風鈴同盟別働隊が攻城開始します。が、こちらは完全に玉いぬ同盟の完封。別働隊による第3MAP強襲も加わり、改めてB2防衛に移ったときの玉いぬ同盟の強さを見せ付ける展開となります。


【LS連合】
廃LISA板ではLS連合に対して随分辛辣な投稿が多いですが、そういった投稿をなさる方々にはぜひ今週のLS連合の防衛を見てほしかったと存じます。あの防衛力は上位の一角として恥じない十分なパフォーマンスを発揮していたと思います。(今週動画に出来ずとても残念でした・・・。)
また少しアバウトな内容になりますが、連合形態のためか、全体のフットワークも意外に軽いのがLS連合の特徴の一つです。(それは先週どこの同盟よりも先にいち早くERにラインを展開できている点が何よりの証明になると思います)
現在においても機動力を巧く活かしておりますが、今後更に機動力を一つの武器として昇華させることが出来るかどうかが、今後のB2の攻防を制する上で重要な要素を持つと思います。

【玉いぬ同盟】
どうにも私、玉いぬ同盟の方々には嫌われているようで、私自身は玉いぬ同盟さんに対して、昔所属していたという点で親近感のある所なのですが、こうもあからさまに嫌われると少しせつないです。
さて、それはともかくとして。B2における攻防の防衛の方はB2という点を抜きに考えても、別働隊による挟撃はもとより、パワーカード対策もきっちりしてきたようで、熟練の領域に達しつつあると思います。(私的な意見に過ぎないですが、現段階でB2玉いぬ同盟の防衛を突破出来るのは2強のどちらかによる全軍派遣をおいて他はないと言い切れます。)
残された課題で早急に手を打たなければならないのはスタダ対策でしょう。特に来週はB2防衛スタートですから、開始の状況は先週とまったく同じ状況になると容易に予想できます。しっかり対策出来るかどうかが玉いぬ同盟の戦術意識を計るポイントの一つでは。
攻城に関してはどうでしょう。未だ未知数ですが、玉いぬ同盟の攻城でB2のLS連合が落ちるかと問われれば・・・どうでしょう。判断の難しい所ですね。



【総括】
2強の腰が重いうちはBの変動は今後しばらくないと思います。
ロリビー同盟は別働隊派遣に拘っているように見受けられますし、(というよりも風鈴同盟との頂上決戦も済んでいますし、玉いぬ同盟の行動論理を考慮してわざわざ風鈴同盟と同じ轍を踏む全軍派遣をするとは考えられず)
風鈴同盟は先週の玉いぬ同盟の行動から考えて、再度玉いぬ同盟、あるいはロリビー同盟に全軍で攻城をしかけるとはあまり考えられません。
玉いぬ同盟も本陣を敷きつつ、アクティブに動かせる別働隊で対処するという形式を取っている事から、積極的に風鈴同盟、ロリビー同盟に攻城をしかけるとは考えにくいです。
最後に残るLS連合ですが、LS連合と玉いぬ同盟との間でB2の取り合いはおきても、(今はそこに各勢力が流れこんでいる感じでしょうか)最終的にB2取得の厳しいどちらかの勢力がB4確保に向かい、結局全員が座れるイス取りゲーム状態。
玉いぬ同盟と共闘したZEVRA+イルカ同盟の動向は気になりますが、こちらはこちらで一つの同盟であって、玉いぬ同盟と同盟を組んでいるわけではありませんから、確保時間になれば、自身の同盟の確保を最優先に動くでしょう。

最後に第五勢力。もし、第五勢力のどこかで防衛力に優れた勢力がB4を早い段階で遅延防衛に移る、あるいは同盟外ギルドを駆使して守りに徹すれば上位陣に割って入ることも可能だと思います。ですが、B4は守りにくい砦ですから、遅延防衛、同盟外ギルドを駆使したとして1時間近くを上位のどこかから守りきらなくてはなりません。(上位二強の別働隊派遣も考えられますし)防衛力に自信があっても、ギャンブル性の高い行動になると思います。
逆の発想で攻めて確保時間のB4を落とす、という手も考えられますが、B4を城主とする確率の高い、LS連合、玉いぬ同盟どちらも防衛を得意としている点と、4強を除く勢力で攻めに特化した勢力がない現状、B4という砦の構造を考慮しても、よりギャンブル性の高い行動になるものと思います。


BGM
EGO-WRAPPIN'「Night Food」
Elton John「Greatest Hits」


追記、手元にあるSSです。
f0002212_223490.jpg

この時間のB4は完全に空き家。
居合わせた方々と軽く雑談を。ルナの騎士さんが割ろうとしますが、脱衣とサンクで阻止。・・・聖水持ってなかったのが悔まれてなりません。

f0002212_2313875.jpg

20:59:30とあります。この時点で既に攻守は完全に逆転していたみたいですね。

f0002212_2321918.jpg

風鈴同盟の別働隊も攻城に加わるも、玉いぬ同盟の防衛の前に攻めあぐねます。ほどなくして転戦。

f0002212_2333667.jpg

・・・ごめんなさい。上で終始B2に絞って行動していた~と申しましたが、確保時間帯のLやVにも遊びに行っているのを忘れてました。
L2におけるコギ天同盟の第三MAPでの警戒は異常です・・・。あの位置でクローク見破られたのは初めてです。
SSはV4の風鈴別働隊です。wiz2~3、チャンプ2~3、脱衣1~2(?)合計で20名程度いました。正直、これだけ数を割いて本陣にどれだけ残っているのか興味のあるところです。
[PR]
by reiko100200 | 2006-11-29 00:13 | ラグナロクオンライン
【玉いぬ同盟】
ロリビー別働隊、風鈴同盟、LS連合、そうそうたる顔ぶれから狙われるも終わってみれば堂々のB4獲得。ですが結果だけみれば許される範囲の敗北、といったところではないでしょうか。(1砦で経費が賄えるのならドローですが)
先週のB2における防衛は別働隊を巧く活用した独特かつ強力な防衛力を見せ付けた結果となりましたが、反面今週はB2以外の砦では研究不足の感は否めませんでした。B2を放棄するという選択肢を行使する以上、他の防衛候補の砦においても同等の錬度を発揮できるようになるかどうかは今後の重要課題の一つと思います。

-次週動向予測-
次週はB4に本陣を敷くとは思えないのでB2奪還に向かうのでは。その際に全軍で行動するのか、あるいは別働のみで行動するかですが、おそらく全軍で行動するものと推測。



【風鈴同盟】
結果はドローでしょうか。開始早々B1の商業値を落としているのを見るに、おそらく本気で玉いぬ同盟相手に攻撃を仕掛けてみたものの、その玉いぬ同盟がB2放棄を選択したことで暖簾に腕押しで望んだ真剣勝負は出来なかったと推測します。

-次週動向予測-
Bに常駐している勢力で、本陣を自ら積極的に捨てる事の出来る勢力は現段階で風鈴同盟だけである事を考えると、今後Bの帰趨を決する最大の要素を握っていると言えます。ですが、今週は玉いぬ同盟がB4城主で防衛スタートの可能性が低い事を考慮に入れると、風鈴同盟の動きはB1に本陣を敷き、別働隊派遣に留まるのでは。



【ロリビー同盟】
11/19GvのBでの混戦の勝者。B1-2の動向を見るに別働隊のみで玉いぬ同盟を攻略可能と判断していたのでしょう。今週のGv結果を踏まえると風鈴同盟、玉いぬ同盟から現段階で一番狙われているのはもしかしたらロリビー同盟かもしれません。

-次週動向予測-
B3で本陣を敷く事はほぼ確定。というのも、今週は風鈴同盟が積極的に玉いぬ同盟に対して攻勢にでていたという面を除いても、ロリビー同盟はどこが攻勢にでていようとも、最初から別働隊のみで対処をするつもりだったと私はみていますから、来週のGvも別働隊と同盟外ギルドの派遣で留まるものと思います。


-総括-
ロリビー同盟、風鈴同盟が本陣を敷き、別働隊派遣のみの動きに留まったとしても、来週もB2は荒れ模様となるのでは。
序盤の見所は(私の予想ですが・・・)LS連合と玉いぬ同盟の攻防。玉いぬ同盟が首尾よくB2を獲得できた場合は防衛玉いぬ同盟をLS連合+各別働隊が攻略する形に、逆に玉いぬ同盟がLS連合の防衛を序盤の内に攻略できなかった場合、B1、2、3、4、どれを目標にして動くかが注目ですね。

どうでしょう。色々と好き勝手書いてみましたけど・・・。あさってのGvでまるで見当違いでしたらちょっと恥ずかしいですね。
最後にいくつか参考になりそうなSSです。

f0002212_21204217.jpg


確保時間帯のB4。ER外は合計でおよそ15名ほど

f0002212_21212589.jpg


確保時間帯のB4ER内は60名ほど。

f0002212_21235521.jpg


記念の一枚・・・えぇ、最後のSS3枚はこれを載せたかっただけなんですけどね。


BGM
大滝詠一「A LONG VACATION」
[PR]
by reiko100200 | 2006-11-24 21:31 | ラグナロクオンライン

11/19Gvレポート

L2レポート
「苦労の末に勝ち得たFG蝶同盟。おいしいところを持って勝ち逃げしたルナ。最後まで真意の掴めなかった謎の残る一閃紫電同盟。」

私がL2へ赴いた時間は21時丁度か少し回ったかくらいの時間で、攻城側のFG蝶同盟がルナの防衛を攻略している最中でした。到着した当初、私の記憶が確かならばルナはラインを引いて守っていた(はず・・・)のですが、動画にあるとおり途中からイナバへシフトしています。
一見、何の変哲もない攻城と防衛の構図ですが、一閃紫電同盟の登場で事態が少し複雑になります。
一閃紫電同盟のL2登場はFG蝶同盟が攻城をしだして10分と時間を置かずに登場しておりますが、この一閃紫電同盟がFG蝶、ルナの双方に攻撃を仕掛けてきたために事態は混迷していきます(錬度の低いメンバーによる誤爆の類ではなくギルド全体で)

結果として、FG蝶同盟と一閃紫電同盟が互いに消耗しあいながらもルナをイナバにまで追い詰める、という構図になります。
ただし普通、ラインを崩しイナバにまで持ち込むことができたら、あとは時間の問題で陥落するはずなのですが、ルナのイナバ防衛はいっこうに落ちる様子を見せず、むしろ防衛側のルナの方がはた目でみて明らかに優勢であるという状況。
ここまでで既にいくつもの疑問があるのですが、ルナがイナバで守りだして20分以上経過した頃、ルナは21:30ほどに全軍リログ指示をだし(動画にも映っています)転戦。結果、FG蝶同盟がルナ城主の状態で遅延防衛へと入っていきます。

試合に勝ったFG蝶同盟。勝負はルナの勝ち逃げ。結局最後まで真意の分からない一閃紫電同盟。
私的にはFG蝶同盟とルナの純粋な1対1、あるいは攻城側は共闘して戦ってほしかったなと思う、外野でみていると色々と注文をつけたくなる一戦でした。


B1-2
「風鈴同盟vs玉いぬ同盟。勝者はロリビー同盟」
f0002212_231755.jpg


開始直前のB2の様子です。たま犬同盟、ロリビー同盟別働隊、風鈴同盟別働隊(?)、LS連合が砦前に集結。これから行われるであろう激しい攻防をいやがおうにも期待してしまう、そんな期待の中で切って落とされた最初の攻防戦は

Britoniah Guild 2 20:02:57 ひほうでん\(^o^)/オワタ

ロリビー同盟の同盟外ギルドによってあっけなく破壊。思わず肩透かしを食ったのは決して私だけじゃなかったはず。
ひほうでんギルドが落とした後のB2は展開の速かったLS連合がERで防衛ラインを引くことに成功し、第3MAPで風鈴同盟が対玉いぬ同盟の妨害目的に(?)ラインを引いておりました。
f0002212_2347361.jpg


この時点で出鼻を挫かれた感のある玉いぬ同盟ですが、ここからどうやら手薄になってるB1を目指したようです。動画は20:40過ぎの様子ですから、流れとして・・・

1.B1-2で展開している風鈴同盟のB1を突いて排除に成功。ライン構築
※この時点で実質的な城主はB1:玉いぬ、B2:LS連合

2.遅延状態のB1たま犬同盟防衛に風鈴同盟、ロリビー同盟別働隊が攻略開始。時間にして20:40過ぎ

3.ロリビー同盟の同盟外ギルドが落とすも、その後は風鈴同盟がB1を実質的に支配。たま犬同盟はB4へ。時間にして21:00過ぎ

複数の砦と勢力による攻防ですので、流れを把握するのが些か大変ですが、攻城側:風鈴同盟vs防衛側:玉いぬ同盟と、少し乱暴ですがこう解釈すれば大まかにあっていると思います。(攻城側にはロリビー同盟の別働隊もつくのですが)

流れが複雑になった一番の要因は(良い悪いではなく)玉いぬ同盟のB2放棄が一番の要因であると考えられます。
先週から私が気になっていたことの一つに「玉いぬ同盟は本陣を落とされたらどういう行動をとるのか」というものがありましたが、意外と早くその行動論理が判明致しました。
玉いぬ同盟ほどの規模になれば、商業値の都合も考え必ず取り返しにかかると私は考えておりましたが、そうではなく、極力対決は避けてその時点で最も防衛を展開しやすくかつ、取得したときに旨みのある砦へと赴くようです。

思えば、先週のGvにおいてもB3のロリビー本陣への玉いぬ同盟の別働隊派遣も、一見カウンターを狙った行動のように映りますし、事実狙いもしたのでしょうが、攻めてB2を守るという守りの一手でもあると考慮すると、玉いぬ同盟は防衛に特化、あるいは防衛意識の強い同盟であると言えると思います。

Part2に続く

BGM
徳永英明「VOCALIST 2」
氷室京介「Flowers For Algernon」
[PR]
by reiko100200 | 2006-11-23 00:29 | ラグナロクオンライン

泣きそうです・・・

撮影失敗してました・・・・・。

カハマルカの瞳は20GBか、あるいはファイルで11個までしか溜めておけないらしく、おいしいシーンはものの見事に消去されていて撮影失敗・・・・・。
あぁ、もうほんとうに泣きそうです・・・

※とりあえず、中途半端ですが動画は公開しようと思います。今週はレポートに力を入れるつもり。・・・ですが、あぁ、もうダメ。この虚脱感はしばらくたちなおれないかも・・・・
[PR]
by reiko100200 | 2006-11-19 22:44 | ラグナロクオンライン

無題

廃LISA板のキモスレでの指摘

廃LISA板のキモスレにて、アップローダに投稿されてる評価に関する文章は私が書いた物ではないかと指摘を受けてますけど、私が書いた物ではありません。

・・・ただ、私ではないのですけど、私も最初に投稿文を読んだときに(と言っても、文章が長くて読む気になれず2~3段落ほどしか読んでいないのですが)「私の文体に似ているな」と、私自身がそう感じたくらいですから、私のブログをご覧になっている方があの投稿文を客観的な視点でみて「冷花じゃないか」と、指摘なさるのも無理はないかなとは思いました。

あとついでですからもう一つ申し上げますと、私は匿名掲示板(もちろん廃LISA板も含みます)を見こそすれ、書き込みは一切しません。故に議論スレで議長を務めていらっしゃる方はもちろん私ではありません。
[PR]
by reiko100200 | 2006-11-16 06:05 | ラグナロクオンライン

11/12Gvレポートpart2

f0002212_1156126.jpg


f0002212_11562463.jpg


f0002212_11564297.jpg


f0002212_11565671.jpg


f0002212_1157551.jpg




【8G同盟のライン上における職業構成】
VIT騎兵(クルセ・パラ除く)約16~20名
ER内のwiz12↑(確認出来たのが12名。+2~3はいるかも)
ER内のチャンプ8、阿修羅1
ロキ2面展開
忘れないで1面展開
ADSクリエはライン上には存在しない?(別働で2名確認)

ER内の人数は85から90名ちょっと。
※鳥が若干少ないように感じました
※wizは未転生が多く、大手のwiz陣としては少し頼りないかもしれません。


f0002212_1242341.jpg


f0002212_12421118.jpg


f0002212_12422060.jpg


f0002212_12423066.jpg



【別働隊の行動パターン】
動画では1分50秒経過の辺りです。
こうして抜き出してみると別働隊の動きが良く分かります。第3MAPで一旦集合した後、適当に荒らしまわり、またERへ戻っていく。
ここで一番最初のSSを見て下さい。このSSでは人数は少なく、70名前後となっており、どうしてこんなに少ないのか、他のラインの人数では90名近くいるのに少し不思議だったのですが、これはラインの人間を別働に回していたからと説明がつきます。事実、パッと見ただけでも何人もラインにいるはずの人が別働でもいるのを確認出来ます。

ここで仮説。
別働隊の任務は復帰阻止にあっている人をラインに復帰させる目的と、第3MAPで突入準備をしている敵勢力にかく乱以上の、損害を与える事も(根拠はADSクリエの別働隊所属、別働隊の阿修羅チャンプは全てライン上でカウントされたチャンプであるため)目的に入れて行動していると考えられはしないでしょうか。

更にここで仮定を一つ。8G同盟の参加人数は100名を超えるかどうかと仮定。
フルメンバーでラインを構築した際はER内に90名+αの防衛ライン。復帰阻止にあっている人がある一定数に達した段階で、ライン上にいる騎兵を中心にリログして護衛に向かわせる。この時ラインに残る数を一番最初のSSであると仮定するとおよそ70名程度である事から、別働隊の規模は30名弱。内3分の1ほどを騎兵で構成し、騎兵で荒らしつつ、ADS、阿修羅等も交え敵勢力に損害を与える。
また、復帰阻止の救助だけでなく、ADSクリエはライン上であまり見かけない事から、常に攻城側勢力にプレッシャーをかける別働専門のPTの存在は高いと思います。(おそらく8G同盟全体の100からラインを構成している90を引いた残り10が別働PTと推測。別働隊30名の内訳は10名が純粋な別働隊、残り20名がERからの援護部隊+復帰中の者で構成されているのでは?)

ここで私なりにまとめると・・・

-8G同盟の参加人数は100名程度、2PC等を考慮にいれると約100~110。
-基本的な本陣は60から70名程度でラインを構成。フルメンバーでERのラインは90+程度で構成。
-攻められているときに展開する別働隊は30名程度。2砦目を狙う時の別働隊は40名程度。どちらも騎兵を10名ほどは編入。2砦目を狙う時の別働隊はwizや阿修羅等の防衛戦力を増強したものと推測。
-2砦目確保に向かう別働隊は(本陣が攻め込まれていなければ)21:30ほどに行動開始。

どうでしょう、こんな感じじゃないでしょうか。


BGM
Eric Clapton「Clapton Chronicles: The Best of Eric Clapton」
[PR]
by reiko100200 | 2006-11-13 13:10 | ラグナロクオンライン

11/12Gvレポート

実を捨てる覚悟がなければ、真の王者にはなれない。

ほんの1~2ヶ月前までは風鈴同盟が、数週前まではロリビー同盟がLISAの王者として君臨していたことに疑問の余地はありませんが、今回の8G同盟対ロリビー同盟(別働の可能性有)+LS連合の一戦をみて、LISAの王者の位は一旦空位となったなと、私だけではなくB2での対戦を経験、あるいは見ていた人間は誰しもが実感したのではないでしょうか。
動画は8G同盟の防衛の様子を映したものというより、攻城側を第3MAPで逆に蹴散らしている様子を撮影したものと言ったほうが正しいです。
ロリビー同盟、LS連合、両勢力共に防衛ラインの攻略はおろか、第3MAPで逆に制圧されてしまう様子はみていて圧巻の一言に尽きます。

数の違いと言ってしまえばそれまで。推定100~120人規模を相手に攻城するには今回は明らかに攻め手の数が不足したと言えますが、ただ私はここで着目すべき点は数ではなく、その数を巧みに動かしてみせた指揮陣、個々の錬度の高さにこそ、着目すべきではないかと思います。事実、今回の対ロリビー、LS戦でライン攻略もままならない状態で第3MAPでほとんど撃退していたのが、ただ数だけが集まっている勢力ではない、数を上手に扱えている何よりの証拠となっていると思います。


と、ここまで8G同盟を誉めてばかりですが、今回の対戦で些細な事も含めていくつか分かった事、私が弱点だなと感じた事を少し書き留めておきます。

f0002212_205526.jpg


21時34分の時点で別働派遣をしているということは、派遣先の砦を選ぶ段階は20分から30分、といったところでしょうか。

f0002212_22522.jpg


直後、35分のラインの様子です。
明らかに数が減っていますね。SSに写っている人数は60人ちょっと。(2PC等の事情を抜きに考えて)約3分の1から半分近くの人間を別働で派遣していると考えられます。このくらいの規模ならば、ロリビー、風鈴ならば攻略可能でしょうし、MSW、LS、辺りならば単独でもEMCが成功すれば落ちるか落ちないかの攻防にまで持ち込めると思います。

f0002212_255226.jpg


派遣先の45分頃のB4です。
ラインのSSは取れなかったのですが、およそ40人規模の防衛で明らかにB2より少なかったですが、どうもLS連合との交戦後らしいとのことで、数は少しあてにしないでください。ただソロプリだから大目にみてくれたのかもしれませんが、「ソロプリ」がここまで行けてしまうのは問題ですね。もし大目に見た、というわけではないのでしたら、数の割りに気の抜けている防衛であると言わざるをえません。(というより、直前にLS連合と交戦していたという事を考えると?・・・詰めが甘いと言えてしまうかもしれません。)


以上の事を考慮して、いくつか対8G同盟の対策が練れます。
8G同盟自体は別働で動く時間帯が他の勢力に比べて幾分早い点が特徴ですので、(おそらく数が数ですので、早め早めに動く必要があるのではと。)21:30を過ぎた辺り、別働派遣の頃合を見計らって本陣を攻めれば上位勢力ならば単独での攻略も可能であると思います。

また長期的な対策として、早くからの別働隊派遣を阻止することが出来れば、つまりそれはイコールで8G同盟を本陣に貼り付けて2砦、3砦を防ぐ効果的な手法であると考えられます。
所謂確保時間帯に8G同盟の本陣にプレッシャーをかけ続け(=確保時間帯に攻め続け)8G同盟を一つの砦に抑え、(あわよくば宿無しを狙いつつ)自身の同盟もどこか一つ砦を確保出来れば、結果として8G同盟に土をつけることになると思うのですが・・・そこまで危ない橋を渡ろうとする勢力は今の所はなさそうです。それこそ私が最初に思った、実を捨てなければ、なのですが。

追記(雑記)
(また、それだけ機動力と攻城力を兼ね備えている勢力は私は風鈴同盟以外に存じませんが、その風鈴同盟がロリビー同盟との2週による戦い以降、実に走っているきらいがありますから、しばらくBは確保時間帯以外はロリビーと風鈴同盟の良い遊び相手が増えて、面白いぶつかり合いが見れそうですが、反面確保時間帯は今まで以上に手堅くなりそうな印象です。)


The White Stripes「Elephant」
[PR]
by reiko100200 | 2006-11-13 02:32 | ラグナロクオンライン